■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■あこがれの奈良へ♪(2)

奈良ホテルの朝食は「茶粥定食」「和定食」「洋定食」から選べましたが、せっかく奈良に来たのですから奈良の郷土食「茶粥定食」をいただきました。茶粥に赤出汁の味噌汁、焼魚、胡麻豆腐、煮物、奈良漬などがセットでした。
朝食がすんだら早速、国宝めぐり再開です。東大寺に向かう途中、奈良公園の中でおなじみに鹿さんに会いました。鹿さんを見ていたら東京に残して来たサラさんを思い出してしまいました。お利巧にしてるかなぁ∪o・ェ・o∪キューン

奈良ホテルの茶粥 奈良公園の鹿
奈良ホテルの茶粥(左)おなじみの鹿さん(右)

東大寺に着いて南大門の仁王像の迫力に萎縮していると、家内から「心にやましいことがあるのだな!」とつっこまれました・・・(T_T) たしかに仁王像については「寺院と仏像のすべて 鑑賞の手引き((有)志津香 発行)にも

寺や堂内へ仏敵ややましい心を持つ者が入ることを拒む


と書かれています。心を見透かされているなぁ・・・

東大寺 二月堂
鏡池から見た東大寺大仏殿(左)二月堂(右)

東大寺は広いので、けっこう疲れます。二月堂まではゆるやかな坂道を登って行くし、この日はとても暑かったので、二月堂に着いた時には隣にある茶店「龍美堂」さんで宇治ミルクと金時ミルクのかき氷を食べてしまいました(^¬^)。後で知ったのですが、「龍美堂」さんは「わらび餅」が人気メニューだったようです。残念!食べればよかった!でも、かき氷もおいしかったからよかったんですけどね♪

龍美堂さんのかき氷 カナカナさんのランチ
龍美堂さんのかき氷(左)奈良町カナカナさんのランチ(右)

東大寺の次は興福寺です。今回の旅でいちばん会いたかった阿修羅像が安置されています。阿修羅像は仏像の中でも天部像と言うらしくもともとインドなどの異教の神々だそうです。阿修羅像の美しさと創造性が大好きです。体の細い線や端正な顔立ち。3つの顔に6本の腕という異様なスタイル。奈良時代にこんなにユニークな像をよく作ったものだと関心させられます(≧∇≦)ъ ナイス!

東大寺と興福寺を見たらもうお昼過ぎになってしまいました。歩いてお腹もすいたので、奈良町方面に歩いて行き、カフェ「カナカナ」さんでランチの「カナカナごはん」をいただきました♪この日の「カナカナごはん」はかつおのたたき白ネギと胡麻の中華だれ、こんにゃくの含め煮、ごまづま里芋、ピリ辛きのこのせ冷奴、いちじくとセロリのサラダ、韓国海苔ごはん、味噌汁、抹茶ミルク寒天、ドリンクというヘルシーメニュー。町屋をカフェにしたいごこちのよいお店でした♪

(書きかけです m(-_-)m スミマセン)

奈良町の町並み ならまち格子の家
奈良町の町並み(左)ならまち格子の家(右)
薬師寺 薬師寺東塔
薬師寺の中門から見た金堂(左)薬師寺東塔(右)

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。