FC2ブログ

■ちびサラ(2)生後2ヶ月(2004年12月)

ヤンチャなサラちゃん
今回は、ちびサラの2回目です。我が家に来たとき、たった1,4キロしかなかったサラですが、元気と食欲は一人前です。そこらにあるもの全てに興味があるらしく、とにかくよく遊ぶし、ふやかして食べやすくしたドッグフードはペロリと食べちゃいます。

生後30日という、あまりにも小さなうちに我が家に来たので、近くの獣医さんに相談したのですが、「それだけ元気なら問題なんじゃない。フードもふやかさなくても大丈夫だよ。」と言ってくれました。不安な中で、ちょっと安心しました。

元気なのはいいのですが、その度が激しくなってきました。甘噛みを始めたのです。まだ子供の歯なので、先がとがっています。噛まれると、ハンパじゃなく痛くて生傷が絶えませんでした。それから、トイレのそそうが増えてきました。トイレは認識しているはずなのに、失敗が多くなりました。このままじゃいけないと思い、トレーナーさんに家に来てもらうことにしました。

疲れると寝ちゃいます
トレーナーのおねーさんが家に来て最初にサラに出したコマンドはトイレでした。「チッチ、チッチ」とトイレに誘導すると、なんとおしっこをしたのです。私はたまげました。おしっこをコントロールしてる!

次に驚いたのは、仰向けにさせる服従姿勢です。当時、ちょっと抱くだけでがぶがぶ噛んで来たのに、おねーさんが服従姿勢をとらせると、とてもおとなしくしています。またまた、おったまげました。トレーナーのおねーさんが帰ったあと、早速教わった服従姿勢を復習しました。しかし、様子が変です。さっきみたいにうまくいきません。何回やってもうまく服従しません。結局、その後、まともに服従することはなかったサラでした。。。
初めてのお友達です
次の心配は、社会性です。30日で親や兄弟と離れてしまったサラが犬社会にとけこめるか心配でした。かといって、ワクチンがまだ利かないうちに外に出すわけにもいきません。

そこで、暮れも押し迫った12月30日に友人に頼んで、ワンコを家に連れてきてもらうことにしました。サラの初めてのお友達はミニチュアダックスのジョリーちゃんです。初めて会う自分より年上のワンコに怖がってしまうのではと思っていましたが、そんな心配はよそに本人は、うれしそうにジョリーちゃんと遊んでいます。これで一安心です。

他のワンコが平気なら、早く散歩に連れて行きたくなります。でもまだもう一回ワクチンを打たないと心配です。サラの散歩デビューは次回の「ちびサラ」にて。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

全ての記事を表示する