■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■サラのしつけで思うこと

こんばんはサラ@とーさんです。

最近、サラのしつけのことで、再び悩んでいます。「ビーグル犬サラのお散歩日記」では、サラは自分のことなので、いいことしか書いていませんが、実はサラ@とーさんやサラ@かーさんを困らせることをたくさんしています。

と言っても、きちんとしつけていない我々に問題があるのです。それはわかっているのですが、なかなかうまくいっていないので困っています。

今朝、ちょっとした事件が起きました。いい天気なので、いつものとおり、サラを連れて和田堀公園まで散歩の行きました。広場で遊んでいるときに、どこかのハスキー犬が散歩をしていました。サラは遊びたがりなので、注意していたのですが、誤ってリードが手から離れてしまいました。その上、落ちていた紙くずをくわえてしまいました。

家の中では「サラ!」と呼べば来てくれるのですが、外では自由になる範囲が広いのか、なかなか言うことを聞きません。今朝は、自分でゲットした紙くずという”獲物”をくわえているのでなおさらです。呼んでも戻ってこないし、逃げる。逃げる。。。今朝は捕まえるまで15分くらいかかりました。やっと捕まえてこっぴどく叱りましたが、なぜ叱ったのか、ちゃんと意図が通じているのか心配です。

いいこにしてます いいこにしてます。

あっリードが! あっリードが!

「やっぱり犬が好き」という小冊子のVOL.002の19ページに「UK DOG NOW」という見出しでイギリスの犬事情の記事が掲載されています。それによると、「公園に来ている多くの犬たちはリードを離してもらい、飼い主の周りを楽しそうに走って遊んでいる光景がある。(略)日本と違いドッグランのように犬同士で遊び、飼い主は犬談義といったことは少ない。それは犬同士を近づけて挨拶を繰り返させることで、飼い主を引っ張っていくようになる恐れがあるからである。」とあります。この考え方によれば、サラは3ヶ月のときから他の犬と自由に遊んでいたので、今のようになってしまったのか?とも思えてしまいます。ムムム

とにかく、1歳になったことだし、これからはビシビシとスパルタでいかないといけないと思う1日でした。飼い主反省です。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。